市販のストレッチマーククリーム

ストレッマークのクリームは薬局で市販のでも良い?

 

妊娠してから産後までできる可能性があるのがストレッチマークです。

 

予防からできた後までクリームを使ってケアをする必要があります。
しかし、ネットの通販や雑誌で紹介されているのは高いのも多く、薬局で市販の安いクリームを使いたいって人も多いです。

 

もともと肌の基本は保湿とも言われています。
そのため、ストレッチマーク対策として薬局で市販のクリームを使っても効果がないなんてことはありません。

 

ただ、あなたがストレッチマークを予防したいのかアフターケアをしたいのかによって、おすすめできるかは変わってきます。

 

個人的には高いクリームを使ってケアをしていくのはおすすめができません。
そのため、できるだけ大量生産された安いクリームを使っていくのがおすすめです。

 

ストレッチマークと言っても予防と消すの2つの目的がある

 

ストレッチマークと言っても人によって、クリームを使う理由は異なってきます。

 

  1. 妊娠をしたから予防対策としてクリームを使う人
  2. できたから消すためにクリームを使う人

 

その目的によって様々なクリームが化粧品会社から販売がされています。

 

しかし、どちらもストレッチマーククリームとして販売がされていることが多いです。
そのため、予防したい人向けなのか消したい人向けなのかは分からなくなってはいるものの、公式サイトでは明記がされていたりします。

 

薬局で市販のクリームの効果は保湿!保湿クリームで代替えをしている

 

薬局で市販のクリームはストレッチマーク用はほとんどなく、保湿クリームです。

 

だからと言ってストレッチマークに効果が無い訳ではなく、肌の基本である保湿をしっかりとできます。
そのため、必ずしも薬局のクリームだと効果がないなんてことはありません。

 

ただ、実際に口コミなどを見ると保湿クリームでストレッチマークの効果を感じれている口コミには2通ります。
予防をしたい人が使ったのかできた人が使ったのかによって、口コミが分かれてしまうのですね。

 

必ずしも保湿クリームだと効果がないってことはなく、薬局のクリームでも代替えをすることはできます。

 

ストレッチマークの予防をしたいなら市販のクリームはおすすめ

 

あなたが妊娠をしたからストレッチマークの予防をしたいのであれば、市販のクリームはおすすめです。

 

ニベアのように大量生産されて、価格も安いクリームが販売されています。
もちろん、余裕があるのであればストレッチマークの予防目的のを使うのがおすすめではあります。

 

理由としては妊娠中はホルモンバランスの乱れによって、乾燥などの症状に悩まされることが多いです。
そのため、ストレッチマークができやすいだけでなく、かゆみなどの症状にも悩まされることがあります。

 

ストレッチマークの予防クリームの中には、保湿力だけではなくその点も考えて、抗炎症作用のある成分が配合されていたりするものもあります。
ただ、ストレッチマークはそもそも予防クリームを使っても、できてしまう人は多いことで知られる症状です。
もちろん、それを使っていたからこそ、軽い症状ですんだなんてこともありますが、完全に防ぐことはできません。

 

実際、ニベアで成功したって人も口コミでもあり、予防目的として使うのであれば、安い市販のクリームでもおすすめはできます。

 

できたストレッチマークのアフターケアがしたいなら市販のはおすすめしない

 

あなたがすでに出来たストレッチマークのアフターケアをするつもりであれば、あまり市販のクリームはおすすめできないです。

 

私自身も使った経験がありますが、予防に成功している口コミなどを見ることができても、アフターケアに効果を感じているのはほとんど見かけることができないです。

 

肌の基本は保湿であり、もちろんアフターケアに効果がないなんてことはありません。
ただ、実際効き目を感じている人は見かけられないですし、私自身もそうでした。

 

ストレッチマークは内側の皮膚が切れてしまい、完全には治らない症状でも知られます。
そのため、きちんと目的にあったクリームでケアをするのがおすすめです。

 

市販のクリームとアフターケア用の違い

 

ストレッチマーククリームと言っても、何が保湿クリームと違うのって人も多いかと思います。
成分なのは分かるけど、何が違うのかよくわからないって人が大半ではないかと思います。

 

最近であれば、ストレッチマークのアフターケア用だとレジストリルが配合されているのもあります。

 

臨床試験では、1日2回、2ヶ月間レジストリルを局所塗布することで、妊娠線の色を改善し、またそのくぼみを最大72%まで減少させるということがわかりました。引用元:美容皮膚科なら聖心美容クリニック

 

こういった成分を配合することで、単なる保湿クリームではなく、ストレッチマークのことを考えられているのが、アフターケア用のクリームです。
そのためか、口コミでも効果があったなど評判が良かったりするのですね。

 

まとめるとストレッチマーククリームとして、予防をしたいのであれば市販のクリームはおすすめです。予防に大切なのは保湿をして弾力を高めることです。

 

しかし、できたからアフターケアをしたいのであれば、ストレッチマーククリームを使ってケアをしていくのがおすすめとなります。