ストレッチマークは治らない

ストレッチマークはそもそも治らない症状

 

ストレッチマークができたらクリームで大半の人がケアをします。
一部の人は美容皮膚科のレーザーなど、高額な治療費を惜しみなく使う人もいますが、大抵は安く自宅で出来るケアをします。

 

しかし、ストレッチマークはそもそも治らない症状であるのをご存知ですか?

 

内側の皮膚の中でも真皮と呼ばれる部分も切れるので、完全に治すことはできません。
しかしながら多くの人はその事実を知っていたとしても、ケアをしています。

 

私自身も同様にクリームを使いました。

 

そもそもストレッチマーククリームは治す為に使っている訳ではないのですね。
あなたがもしもストレッチマークができて消したいけど、治らないってのを聞いてショックを受けているのであれば、ご覧ください。

 

また、ケアをしているにも関わらずクリームの効果がないって方も参考になるはずです。

 

ストレッチマークが治らない理由

 

ストレッチマークができると治らないと言われる理由は切れる皮膚にあります。

 

皮膚と言っても表皮と呼ばれるのから、真皮と呼ばれるのまで様々なのがあります。
この中でも真皮も切れてしまう症状がストレッチマークです。

 

この細胞に関しては新しく生成がされることはなく、傷が付いたり切れたりすれば、そのままとなってしまいます。
そのため、ストレッチマークはできたら治らないと症状と言われています。

 

ストレッチマークは病院でも完全に治すことはできないのですね。
それは高額な治療費を払ってレーザーなどを照射しても変わりはありません。

 

ストレッチマークは治すのではなく消す為にケアをしている

 

クリームを使ってストレッチマークができたらケアをしている人がいるのは消す為です。

 

皮膚を構成しているのは真皮だけでなく、コラーゲン繊維や表皮や様々な細胞があります。
また、ストレッチマークができたばかりは肌はガタガタになっています。

 

そのため、治す為ではなく整える為にケアをしているのですね。

 

ストレッチマークは自然と薄くはなって目立たなくはなってきます。
何十年も前に生んだあなたのお母さんは長年が経過しているので、ほとんど目立たなくなっているのではないでしょうか?

 

あくまで治すのではなく、消す為に多くの人はストレッチマークのアフターケア用を使ってケアをしているのですね。

 

ストレッチマーククリームを使っても効果を感じれない人もいる

 

ストレッチマークのアフターケア用のクリームと言っても、全ての人が効き目を実感できる訳ではありません。

 

肌に合っているなどもありますし、そもそもの肌の働きは生活習慣なども関係をしています。
ストレッチマーククリームの効果を実感できない人で一番多く見かけるのが、即効性を求めている人が多いことです。

 

できたストレッチマークに効く即効性のある方法はありません。
そのため、1ヶ月使った程度でどうにかなるような症状ではないです。

 

まずは肌のターンオーバーである最低でも3ヶ月は使い続けた方が良いですし、人によっては1年とケアを続けている人もいます。

 

ストレッチマークが消えるまで私が使ったクリームの本数

 

私自身がストレッチマークができた経験をした一人でもあります。
今では近距離で見られたとしても、気づかれることはないほどになってはいます。

 

お風呂上りで肌が赤くなっていたりすると、近くで見れば分かることもありますが、普段を分からないのでほぼ消えたと言っても良いのではないかと思います。

 

私がこの状態になるまでにストレッチマーククリームは6個です。
もともと、最初はニベアのような薬局で市販のクリームを使っていました。

 

しかし、効果を感じることはできずストレッチマーク用のクリームを使い始めたのですが、知らずに予防目的のを使っていました。
それを知ってアフターケア用のを使い比べたりした結果、トータルで6個のクリームを使っています。

 

ここからも分かるようにストレッチマークを消すのは即効性のある方法はありません。
人によっても症状も違ければ、肌の状態も異なります。

 

あきらめずにアフターケア用のクリームを使って、消す為にケアをしましょう。
ストレッチマークに大事なのは治すではなく、目立たなくすることです。