ストレッチマークがかゆい

ストレッチマークがかゆい原因から抑える方法を紹介

 

ストレッチマークの付近がかゆみに悩まされることが多いです。

 

妊娠中はホルモンバランスの乱れから、肌が乾燥をしやすいです。
これもかゆい原因のひとつとなっていますが、大事なのは根本の部分を改善することです。

 

オロナインやムヒなどの薬を使うこともできますが、乾燥をしていると逆に悪化をしてしまう薬もあります。
肌への刺激となってしまい、余計にかゆみに悩まされてしまうこともあるのですね。

 

ストレッチマークのかゆみの原因から抑える方法まで紹介をしています。ひどいかゆみに悩まされているって人は参考になるはずです。

 

また、どんな薬を使った方が良いのかまで解説をしています。

 

ストレッチマークのかゆみの原因は乾燥による炎症

 

ストレッチマークのかゆみの原因となってるのは、肌が炎症をしている為です。

 

肌が乾燥をするとバリア機能が低下をして、刺激から守る働きも低下をします。ストレッチマークのそもそもの原因は内側の皮膚が切れることです。

 

そのため、皮膚が切れてしまっているので、ストレッチマークができた付近が炎症をしてしまい、かゆみを引き起こしています。
また、肌が乾燥をしていれば、付近だけでなく様々な部分がかゆみを引き起こすこともあります。

 

ストレッチマークのかゆみを抑える為には原因となっている、乾燥と炎症の両方を改善することが必要なのでうsね。

 

できる前にかゆいのであれば注意が必要

 

ストレッチマークができる前にかゆいと悩まされる人も多いです。

 

そもそも、ストレッチマークは乾燥をすると弾力が失われるので、できやすくなる症状です。そのため、予防対策として保湿をして弾力を高めています。

 

しかし、ストレッチマーククリームで保湿をしていても、ホルモンバランスや生活習慣の悪化など、様々な悪い要素が集まってしまっています。そのため、乾燥をしてしまう人が多くかゆみに悩まされることがあります。

 

できる前にかゆいからとかいてしまうと、肌を気づ付けてしまうだけでなく、バリア機能の働きを低下させたりと、肌に悪い影響を与えてしまいます。そのため、ストレッチマークができやすい原因にもなります。

 

できる前からかゆいのであれば、たっぷりとクリームを塗って、保湿をするようにしましょう。

 

ストレッチマークのかゆみを抑える方法

 

ストレッチマークのかゆみを抑える方法は2種類あります。

 

  • 薬を使って炎症を鎮める
  • クリームで保湿をしてバリア機能を高める

 

ただ、妊娠中や産後に関してはホルモンバランスの乱れから、肌が乾燥をしやすい状態でもあります。
そのため、かゆみ用のムヒやオロナインで炎症を鎮めても、またかゆくなってしまう人は多いです。

 

薬の成分は肌に刺激を与えるものもあったりと、逆に乾燥がひどい状況だと悪化をさせる可能性もあります。

 

そのため、ストレッチマークのかゆみを抑えるのであれば、症状に合わせた方法がおすすめです。

 

抗炎症作用のあるオロナインは有効!但し原因の解消はできない

 

ストレッチマークのかゆみにオロナインを使う人もいます。

 

オロナイン軟膏の効果は抗菌作用と抗炎症作用の2つです。
そのため、肌が炎症をしているので、有効な方法でもあります。

 

直接的なかゆみの原因となっている肌の炎症を、オロナインの効果で抑えることができます。

 

しかし、炎症を抑えたとしても、そもそもの原因となっている乾燥によるバリア機能の改善ができていません。
そのため、またかゆくなるなどの症状に悩まされることもあります。

 

根本的な部分を解消する為にも保湿をしっかりと行うのがおすすめです。

 

ひどいかゆみならオロナインで抑えとクリームで保湿をする

 

あなたがひどいかゆみで悩まされているのであれば、オロナインを使いながらストレッチマーククリームを使うのがおすすめです。

 

もしも、まだストレッチマークができていないのであれば、予防目的のでケアをする。
すでに出来たのならアフターケア用のを使う。

 

オロナインの効果によって炎症している肌を鎮めながら、ストレッチマークの予防と消すのケアに加え、保湿をすることができます。
そのため、かゆみ・ストレッチマーク・保湿のケアができるので、2つを組み合わせた方法がおすすめとなります。