ストレッチマークはいつからいつ頃まで予防ケア?ストレッチマークができやすい人の特徴

妊娠した人の80パーセント以上の人が何らかしらの予防対策を行っており、そのうちの、50パーセント以上の人がストレッチマーク用のクリームを塗ります。(他にはオイルや乳液を使うこともあります)

 

様々なアンケートでこのように、多くの人がストレッチマークの予防対策としてクリームでケアをしているのは、見ることができます。

 

しかし、初めての妊娠となるといつから予防対策でクリームを使い、いつまで使い続ければ良いのか分からないものです。

 

この記事でストレッチマークの予防としてクリームでのケアはいつからはじめて、いつまで塗り続ける必要があるのかが分かるようになっています

 

また、少し早めからケアを始めたい、ストレッチマークができやすい人の特徴も合わせてご紹介いたします。

 

いつからストレッチマークの予防クリームでケアをする

 

いつからストレッチマークの予防ケアをするかは、すでに出来た人のアンケートなどを参考にすることができます。結論から言えば、妊娠中期の5ヶ月目ぐらいには使い始めていた方が良いです。

 

色々な機関がアンケートを行った結果は調べることができますが、2割ぐらいの人が妊娠中期と呼ばれる5ヶ月〜7ヶ月の辺りで赤い線が現れています。

 

そして、妊娠後期と呼ばれる8ヶ月から10ヶ月ごろには、7割近くの人が赤いストレッチマークができたと答えています。圧倒的に数が少ないのが妊娠初期の4ヶ月ぐらいまでです。

 

ストレッチマークができる時期から使いはじめても、クリームの効果はすぐにはでません。そのため、ストレッチマーク予防クリームは妊娠中期の5ヶ月目ぐらいまでには使い始めると良いです。

 

初期の頃から使うに越したことはないのですが、出産までの長い期間使うとなると費用も高くなってしまいます。

 

いつ頃までストレッチマークの予防クリームでケアを行う必要がある?

 

いつからはストレッチマークができる時期を見れば分かりますが、いつ頃まで使うのかは人によって大きく変わってきます。いつまでストレッチマークのクリームでケアをするかは、産後の半年ぐらいが目安です。
産後は出産をするとお腹がしぼんで、シワシワになってきます。そして、皮膚がたるんでしまうので、引き締めなければなりません。

 

たるんだ皮膚を引き締めるのに有効なのが、保湿をすることです。
そのため、産後はたるんだ皮膚を引き締める為にクリームを使い続ける人が大半です。

 

また、ストレッチマークは胎児の成長だけではなく、太って脂肪が付くことでもできます。そのため、産後にできてしまう人もいるので、予防のケアも当分はした方が良いです。

 

これらのことがあり、ストレッチマークの予防クリームでのケアは産後の半年ぐらいまで、使い続けた方が良いです。

 

ストレッチマークができやすい人の特徴

 

ストレッチマークは人の体調や体系にもよって出来やすいなどの特徴があります。

 

脂肪と呼ばれる皮下脂肪には肌の弾力性があまりありません。そのため、お腹が膨らんだことにより、皮膚が引っ張られ切れてしまう人が多いです。

 

ストレッチマークができやすい人

  • 皮下脂肪が厚い
  • 双子・三つ子
  • 経産婦
  • 小柄な人
  • 乾燥肌の人

 

双子や三つ子などであれば当然、お腹も大きくなります。また、一度出産を経験している人は子宮が伸びやすくなっているのでお腹が膨らみやすくなっています。

 

小柄な人であれば体のサイズと比べてお腹が前にふくらみます。乾燥肌の人であれば、柔軟性が失われているので切れやすくなっています。

 

これら5つの特徴にひとつでも当てはまるのであれば、特に注意をしておいた方がいいです。

 

ストレッチマークはどこに出来やすい?

 

妊娠したからといって、必ずしもお腹のみに赤い線ができるわけではありません。体をあまり動かさなくなるため、からだの色々な部分でストレッチマークが入るようになります。

 

ストレッチマークができやすい部位

  • お腹の下腹部
  •  

  • お腹の上腹部
  •  

  • 太もも
  •  

  •  

  • お尻

 

圧倒的にストレッチマークができた人が多いのが下腹部です。そこから下がってお腹の少し上の上腹部、太もも、胸、お尻、の順に出来やすいともいわれています。

 

ストレッチマーククリームを使う人は下腹部を重点的に塗るようにして、上腹部辺りにもつけるようにしておきましょう。
赤ちゃんがお腹の中にいる分だけ体重は必ず増加するので判断はしづらいのですが、太ももやお尻にお肉がちょっとつきはじめたかも・・・

 

このように感じるのであれば、あわせて予防クリームを塗っておくのがおすすめです。

 

ストレッチマーク予防におすすめのクリーム

 

ストレッチマーク予防クリームとして人気のであれば、ベルタマザークリームとストレッチマーククリームです。実際にわたしも使用をした経験があります。

 

ベルタマザークリームは最安値で4,980円となるのですが、特徴としては海外で効果が高いと評判のシラノール誘導体が配合されていることです。ストレッチマーク予防に成功したと評判も高く、絶対にストレッチマークを作りたくないって人におすすめとなります。

 

ストレッチマーククリームは2,980円と非常に価格が安くなっている専用の予防クリームとなります。安くて効果のあるストレッチマーク予防クリームが欲しいって人に人気となっています。

 

ストレッチマーク予防を6ヶ月前から行う際には、価格重視で選ぶのか、効果重視で選ぶのかによって、どちらを利用するか決めると良いと思います。