産後のたるんだ皮膚

産後のたるんだ皮膚の戻し方

皮膚がたるむタイミングとして圧倒的に多いのが出産後です。

 

妊娠中は胎児がお腹にいることでお腹が急激に膨らみます。皮下脂肪がついて膨らんだり、内臓が大きくなって膨らんでいる訳ではないので、出産を行えば当然、お腹は元のサイズに戻ろうとします。

 

しかし、皮膚の皮はそんなに早く小さくはならないので、皮下脂肪に対して余っている皮のサイズが大きければたるみとなって残ってしまうのですね。人によっては3段腹、4段腹のように太ってしまうように見えてしまいます。

 

では、このたるみを戻そうとすればどういった方法があるのでしょうか!?

 

産後のたるんだ皮膚を戻す方法

 

基本的には妊娠線クリームを使い続けるのが一般的です。最近はほとんどの人が妊娠をすると妊娠線ができないようにマタニティクリームを使ってケアを行っています。このマタニティクリームには皮膚を引き締める役立ちをする成分が配合されているので、そのまま使い続ければいいのですね。

 

もしも、妊娠線ができているのであれば、それのケアとしても有効となるのでひとつで二役を行ってくるのです。

 

大抵の人は出産がから半年近くの間はクリームを使い続けます。ただ、この期間に関しては人にもよって異なってくるのでお腹がへこんで元の体系に戻ったときにたるみがないかで判断をすることが重要です。

 

産後はからだを動かしていないので急激な運動をすることもできません。筋力トレーニングなどを行って皮膚を引き締めるなんてのも無理があるのですね。

 

それどころか赤ちゃんの面倒で付きっきりとなってしまうのでとてもじゃないですが、運動するような自分の時間を作るなんてことはできないのです。クリームを使ったケアであれば自宅で行うことができますし、外出する必要もなければ、時間がかかるなんてこともありません。

 

子育てをしながら皮膚のたるみを改善することができるのです。

 

たるんだ皮膚を皮膚科で戻す

 

もう一つの方法としては手術がありますが、出産で疲労したからだにはリスクが高いですし、費用も100万円以上するのでとてもじゃないですが、行えない人がほとんどでしょう。入院を1週間ほどする必用もありますからね。

 

産後に皮膚のたるみを改善したいのであれば、マタニティクリームを使ってケアを行うといいですよ。

 

自然と元に戻る?
産後は体重も元に戻り、体系もだんだんと妊娠前の体つきへと戻ります。そのためかたるんだ皮膚が自然に元に戻ると勘違いする人もいますが、それは間違えとなります。

 

少しは改善はされますが、きれいな状態まで自然と元に戻ることはありません。きちんとケアをしなければならないのですね。

 

産後1ヶ月程度もたてばある程度妊娠前の体系に戻っていると思いますが、その時点でたるみがあるのならケアを行わなければ自然治癒が行われるなんてことはないのですね。

 

年を取れば取るほどだんだんと美容トラブルを改善するのは時間がかかるので、できるだけ早くにクリームを使ってケアを行うことをおすすめします。子供が大きくなって落ち着いてからなんて考えていると改善するのが大変となる可能性もあるので注意しましょう。

 

産後のたるんだ皮膚は妊娠線用のクリームを使いましょう

 

産後のたるんだ皮膚だけでなく、おそらく妊娠線ができてしまっているはずです。

 

妊娠線は予防用としてクリームを使っても、ほとんどの人ができてしまい、産後にはアフターケアする人が多いです。

 

妊娠線ができたからと言ってクリームが意味がない訳ではなく、症状を軽くできていた可能性であったりと、それだけ防ぐのが難しい症状でもあります。

 

できたら気持ちを切り替えてアフターケアをしていきますが、これに使われるクリームには保湿成分も当然のことながら含まれています。
そのため、産後のたるんだ皮膚を引き締めながら、できた妊娠線を消すためにアフターケアも同じクリームを使えば問題ないのですね。

 

2種類のクリームを購入を促す情報があったりとまどわされずに、アフターケア用の妊娠線クリームのひとつで、たるんだ皮膚にも効果があるので、騙されないようにしてください。
産後のたるんだ皮膚を戻すのに必要なのは、肌を引き締める保湿であり、専用のクリームなんてのはありません。

 

そのため、妊娠線ができた人はアフターケア用のクリームを使い、予防に成功した人は薬局で市販の安い保湿クリームを使うのをおすすめします。