ストレッチマーク

ストレッチマークはクリームで予防してもできる

 

ストレッチマークができてガッカリする人は多くの妊婦が経験をすることです。

 

このお腹や胸に赤い線や白い線ができる症状は、完全に治すことは高額な医療レーザーでもできません。そのため、予防が大切と言われてはいるのですが、治すことはできなくても、だんだんと目立たなくなってきます。

 

そのため、ストレッチマークができたなら消す為にもクリームを使ってケアをしていく人が大半です。

 

もともと、ストレッチマークは自然と薄くなって目立たなくなってはきます。しかし、20代や30代の時期に好きな洋服も切れなければ、子供と海や温泉へ行くのも難しくなってしまいます。

 

だんだんと消えてくるとは言っても、何年もの長い年月が必要となるのですね。

 

ストレッチマークが目立たなくなるのを、そんな何年や何十年も待っていられない。どうにかしてストレッチマークを消したいって人はご覧頂ければと思います。

 

ストレッチマークを消す方法は3種類

 

ストレッチマークを消すのに方法は3種類あります。
一般的にはほとんどの人が、クリームを使ったケアをしていきます。

 

  1. ストレッチマーククリームで自宅ケア
  2. 炭酸ガスで美容皮膚科で治療
  3. レーザーで美容皮膚科で治療

 

病院で治療は行われてはいるものの、普通の皮膚科ではなく、美容クリニックとなります。
そして、ストレッチマークは健康保険が使えない治療となるので、高額な治療費が必要となります。

 

そのため、多くの人がストレッチマークを消すのにクリームで自宅ケアをしています。

 

ストレッチマーククリームの選び方

 

ストレッチマーククリームと言っても2種類のがあります。

 

  1. 妊娠をすると使い始めるのがストレッチマークの予防目的のクリーム
  2. できたら使い始めるのがストレッチマークのアフターケア用のクリーム

 

ストレッチマークの予防をしたいのであれば、大切なのは保湿をして弾力を高めることです。そのため、保湿クリームで代用をしている人も多いです。

 

しかし、どちらもストレッチマーククリームで売られているので、間違えてしまわないように注意をしましょう。

 

失敗しないストレッチマーククリームの選び方

 

ストレッチマーククリームは予防用もあれば、アフターケア用もあります。
ただ、どちらもストレッチマーククリームとして販売しているので、間違って使う人も多いです。

 

この見極め方としては2種類の方法があります。

 

  • 公式の販売サイトを確認する
  • その点を明記された比較サイトを確認する

 

予防にしろ消したいにしろ、最初から特定のクリームを使うって状況は、知り合いの紹介でしかまずないでしょう。そのため、その点も明記がされている比較サイトなどを利用して、口コミなどを確認しながら選ぶのがおすすめです。

 

ストレッチマーク消すで検索したら出てきた【ストレッチマークを消す方法やクリーム「ストレッチマーク飛んでけ」】のような比較サイトを見て、選べば失敗をすることはないはずです。

 

 

ストレッチマークを消す方法やクリーム「ストレッチマーク飛んでけ」

 

ストレッチマークはお腹だけではない!胸やお尻や太ももにもできる

 

ストレッチマークはお腹にできることが多く、腹部にできる症状と思われています。
しかし、実際はお腹だけではなく、胸やお尻や太ももなど皮膚のある部分であればできます。

 

もともとストレッチマークができる原因は内側の皮膚が張り裂ける為です。
お腹は赤ちゃんの成長によってパンパンになるので、予防をしても圧倒的にできる人が多いです。

 

しかし、妊娠中は太ったしまうことも多く、ホルモンバランスの乱れから肌が乾燥をしやすくもあります。
そのため、弾力が失われた状態で胸やお尻や太股にも脂肪が付けば出来てしまう症状なのですね。

 

あくまで妊娠が原因ではなく、急激に体系が変化をすることで出来る症状です。

 

ストレッチマークのケアをする時はお尻や太ももの確認をする

 

あなたがこれからストレッチマークのアフターケアをするのであれば、まずは他にもできていないか確認をするようにしましょう。

 

私自身がそうなのですが、お腹だけだと思ってストレッチマーククリームでケアをしていました。
今では近くで見ても目立たない程消えてはいるのですが、二の腕の部分にもできているのを後になって気づきました。

 

また、ストレッチマークを消す為にケアをしなければならない状況になってるのですね。
私と同じようにストレッチマークがお尻や太ももなど他の部位にないか、確認をしておくのがおすすめです。

 

単なる保湿クリームと違って、ペプチドやレジストリルなどストレッチマーククリーム特有の成分が含まれていたりして、市販の保湿クリームよりも値段が少し高いです。

 

予防の時のように保湿クリームを使うとしても、口コミでも効果を感じている人は、アフターケアではほとんど見られません。
そのため、私のように無駄な出費をしないように最初に確認をしておくのがおすすめです。